ファーム情報 TAS州Cygnet② 12月~1月

私がタスマニアンドリームを求めて働いたチェリーファームでHuonville、Cygnet周辺の4大ファームの中の一つです。

正直に言いますと、タスマニアンドリームは夢のまた夢でした。クリスマスごろにインダクションがあり、そこで名前を登録します。バッパ―の紹介からとあって、ウェイティングなしで働けました。そして年末からピッキングがスタートしました。

年末年始は人が少ないのか歩合が最高1箱12$と高めだったんですが、この時だけでした。基本は1箱7.5~8$です。最後あたりに9~10$になりました。

ここはあまり手入れをしてないのか、チェリーの木が高くハシゴを使ってピッキングをしなければなりません。またかなりの割合でチェリーが割れてダメになっていたので思うよう稼げませんでした。

ピッキングはひたすらチェリーを箱に入れます。            箱は中くらいのサイズ(すみません。写真がありません)でチェリーを一杯にして10kg行かないぐらいです。1箱作ったら次の箱に取り換えるの繰り返しです。すごくいい木に当たったら1箱10分もかかりません。速い人達は1日30箱以上作っていました。また経験者はさらに速くなめらかで、まるでハープを弾いているかのような感じで正確にチェリーをピッキングしていました。

ここのファームの問題点はラビッシュが多いこと。そうですが、あまりにも期間が短かったということです。実質2週間でした。初めは6週間ぐらいあると聞いていたんですが、全くのデタラメでした。また終了日3日前に突然言われ、私のタスマニアンドリームは儚く散りました。

まあ給料だけで考えると他のピッキングの仕事よりは明らかに良いんですけど、チェリーピッキングだけに悔いが残るものとなりました。

 

いろいろ書きましたが、タスマニアンチェリーは今まで食べたことがないくらいクソうまいです。ピッキングしながらつまみ食いというのはピッカーの特権ですね!

こちらの情報についてもっと知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。
また、あくまで当時のデータなので給与形態が変化している可能性がありますので、
ここで働く際は自己責任でお願い致します。

お問い合わせページ

スポンサーリンク



Follow me!

Related posts