仕事の心得④ 仕事の探し方

オーストラリアに来たばかりの方はどう仕事を探せばいいのか不安になるかと思います。

仕事の探し方は以下の6つの方法があります。

1. 日系求人サイトから応募する。

シティジョブで働く際、”オーストラリア バイト”と検索すればいくつかの日系求人サイトを見つけることができます。これらサイトは他にもTAXリターンやセカンドビザ、町についての情報も掲載しており、とても役に立ちます。ただ求人の中にイリーガル(違法)ジョブの求人も見受けられます。つまり最低賃金以下で働かせる所があるのです。意外とそういう所で働く日本人は多いです。最近はそういう店は減ってきているようですが未だに多く健在しています。またファームジョブの求人もありますが…怪しいと言っておきましょう。

2. 直接レジュメを配りに行く。

ローカルジョブに就きたい方は自ら行動を起こし、レジュメを多くのお店に配りに行きます。これで仕事をゲットしている人も多いです。ただ多少の英語力が求められます。でも最低賃金は守られている所が多いので収入は良いです。

3. Gumtreeから応募

オーストラリアに住んでる人は誰もが知っている求人サイトではないでしょうか。ここでは仕事の他にも車の取引やシェアハウスの情報が得られます。またファーム、シティジョブの求人が多数掲載されています。ローカルジョブに就きたい方はここで仕事を探すのもいいかもしれません。

4. バックパッカーズホステルの紹介

ファームジョブを経験している方は大体この形で仕事を得ているのではないでしょうか。バッパ―のオーナーとファーマーに繋がりがあり、ピッキングをはじめ、プランティングやシニングなど様々な仕事を紹介してくれます。バッパ―によって良し悪しがあり、クソみたいな仕事をすることもあります。詳しくは分かりませんが、シティのバッパ―にも仕事を紹介してくれる所があるみたいです。

5. 直接ファームに行く

車を持っている人はこれができます。ファームジョブをするには車は必須かもしれません。自分でファームに赴き、アプライして連絡を待つというスタイルです。運が良ければ、すぐに仕事ができます。バッパ―やシェアハウスより安いキャラバンパークで生活費を抑えることができ、また買い物するのにも便利です。私も車を所有していたことがありますが、かなり自由度が高かったです。誰にも依存する必要がないからですね。

6. 友人の紹介

これは以前にも紹介しましたが、かなり強力です。すぐに働け、友人が実際働いているのでより詳しい状況が聞けて信用ができます。ワーホリワーカーの中には騙されたりして人間不信になっている人がいるのではないでしょうか。そういう時こそ近くの友人に頼ってみましょう。これこそ安全で確実に稼げる方法ではないでしょうか。特に台湾人や韓国人は日本人以上に幅広いコミュニティを持っています。彼らに聞いてみるのも1つの方法です。

 

ここ最近はFacebookのオーストラリアの日本人コミュニティにも仕事の求人があるみたいですね。いろいろトライして充実したオーストラリア生活を過ごしましょう!!

Follow me!

Related posts