金がないならこれを買え!第14弾 Chicken Drumstickをうまく使え!

今回ご紹介するのはウールワースのChicken Drumstickです。

Chicken Drumstickというのは…….骨付きチキン?

日本語で何というか分かりませんけど、まあケンタッキーみたいな形のやつです。

さあこちら、コールスやALDIにもありますが、私は敢えてウールワースの

Chicken Drumstickをおススメします。

なぜかというとSpecial率が高いのです。

普段は$3.5/kgなんですが、ウールワースではかなりの高い確率でSpecial価格($3.0/kg)

で売られています。ごくごく稀に$2.45/kgの時もあります!

 

Chicken Drumstickは店内のDELIという生鮮食品コーナーにあります。

パック詰めとは違い、自分の好きな量を頼むことができ、

大体5~6本で1kgになります。

5~6本で$3で済むとは、かなり安いですね!

骨なしの鶏肉は意外と高いのでなかなか手が出せないものです。

 

さてこのChicken Drumstick、骨があるということで

料理をする時など、ちと扱いにくいです。

まあ直接オーブンや鍋にぶっ込むのもありなんですが、それだと料理の幅が広がらない。

ということで今回は、私の台湾人の友達が教えてくれた、Drumstickの

骨と肉の分け方をご紹介します。これができるようになるとなにかと便利です。

 

まずはDrumstickの持つところに一周切れ目を入れましょう。

次に真ん中を、骨が当たるところまでまっすぐ切り込んでいきましょう。

そして下の写真のように引っ張ります。

するとあら不思議。肉を骨からきれいに剥げていきます。

さらに強く引っ張ると、完全に分離します。

はじめはちょっとめんどくさいですけど、慣れればすぐにできるようになります。

これで料理の幅が広がりますし、Drumstick1つで十分ボリュームがあるので、

節約に貢献できると思います!

 

今まではちゃんとした肉を紹介してきませんでしたが、

これは紛れもなく

”肉”なのです!

 

ぜひ試してみてください!

 

今回は料理の紹介はなしということで。(笑)

 

Follow me!

Related posts